バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

プラナ・スパの料金表バリ島のスパ・エステ
最初にアーユルヴェーダ・シロダラを取り入れたといわれる
プラナ・スパに久しぶりに行ってきました。

プラナ・スパといえば16世紀のインドのムガール帝国の宮殿をモチーフにした
建物がおなじみとなっていますが、
外観だけではなくスパの中も細部にいたるまでインド&モロッコテイストで
統一されています。
DSC_3903
プラナ・スパに一歩足を踏み入れると、どうですか?
インドの宮殿に迷い込んだような錯覚に。
細い通路と高い天井が特徴。非日常を味わうのにもってこいの異次元な空間です。
さらにこの宮殿、アロマオイルのいい香りに包まれています。
DSC_4000
異次元の空間を保つのも実はひと苦労。
壁の塗装が色褪せないようにこの日は職人さんが色を塗りなおしていました。
DSC_4388
インドムガール帝国の宮殿調は、天井にいたるまで手抜きがないです。
DSC_4006
こちらはクリームバスのためのサロンの天井。
DSC_4364
スパの中にある小物、鏡の枠や、ティッシュケースや、ボディーローションの
入れ物などにいたるまで、ぬかりなくインドの宮殿にありそうな感じです。
DSC_4027
こちらはチェンジング・ルームに用意されていたミネラルウォーター。
全てのものが非日常の空間を演出するのにぬかりなくインド&モロッコテイストで
統一されています。これだけ細部にいたるまでこだわってデザインした
デザイナーさんは大変だっただろうと思います。
DSC_4014
もちろん、建物や内部の装飾だけでなく、プラナ・スパのトリートメントも
日常を忘れてリラックスできるものです。
熟練のテラピストさんによるマッサージは身体のコリをほぐしてくれます。
DSC_4190
お腹回りのマッサージは腸の働きを活性化させてくれます。
DSC_4175
プラナ・スパで忘れてはならないシロダラ。
プラナ・スパのオリジナルのブレンドのシロダラ・オイルを使って、
最初に頭皮のマッサージを行います。
シロダラは脳のマッサージとも呼ばれますが、オイルを垂らす前段階として
オイルで頭全体をほぐします。
DSC_4207
第三の目といわれる第6チャクラ、眉間の少しへこんだところにオイルが落ちるように
シロダラ・ポットをセッティングします。
温められたオイルを糸のように細く、第三の目にたらし続けることにより
瞑想の状態になるといわれています。。覚醒と睡眠の間の瞑想状態は
脳波からアルファ波が出ており非常にリラックスした状態です。
DSC_4256
シロダラは第三の目にオイルを垂らすもの、と先に説明しましたが、
実際は、シロダラポットを動かし額全体にオイルを行きわたらせ、
それからさらに頭にもオイルを落とします。
本当に脳のマッサージで、オイルを使って
外側から脳全体をマッサージしているような感じです。
脳をリラックスさせることにより、心身の調和をもたらすのです。
DSC_4244
シロダラが終わった後は、サロンでヘアクリームバス。
頭皮のマッサージはお肌のリフトアップ効果もあり、肌の血色もよくなります。
また、栄養分を含んだクリームを髪に浸透させ、髪を健やかな状態に戻してくれます。
そしてシロダラのオイルも洗い流してくれるので一石二鳥です。
DSC_4350
それでは最後に、プラナ・スパを支えているスタッフの方たちを紹介します。
ゲストサービスのチトラさん。
最初にゲストが会うのでプラナ・スパの顔ともいえるポジションです。
日本語も英語も話せて親切に案内をしてくれます。
DSC_3956
チェンジング・ルームを担当しているスタッフの方もいます。
他のスパではチェンジング・ルームにはスタッフの方はいないのですが、
プラナ・スパでは、スタッフの方が常駐しているので、
チェンジング・ルームで、何か聞きたいことや、必要なものがあった時、
次にどうすればいいか分からない時などに助かります。
ちなみに男性のチェンジング・ルームでは男性のスタッフが待機しているそうです。
DSC_4387
テラピストのエルマンさん(左)とアリアニさん(右)。
アリアニさんは、パワーがあり、それでいて優しいマッサージをしてくれます。
DSC_4446
そして縁の下の力持ち、アシスタントマネージャーのパンデさん。
プラナ・スパに勤続15年、40名以上のスパのスタッフをとりまとめています。
テラピストの一挙手一動に目を光らせ、スパ内の備品の置き方や花の配置なども
さらりと直したりして細かいことによく気が付きます。
実はこの方こそ、プラナ・スパを支えている影の功労者では?と思うのです。
DSC_3976
さて、こんなプラナ・スパでの極上体験の様子はこちら。
プラナ・スパ体験ルポ3
あなたもプラナ・スパでシロダラを体験してみませんか?

プラナ・スパの料金表
バリ島のスパ・エステ一覧

バリ島旅行が決まったら?
01

2017年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年最初のご案内は、ジ・アムルタとシエスタスパです。
日本でもすっかりお馴染みになったバリ式クリームバス。
本場、バリ島のスパ・エステでクリームバスを受けるなら?
お勧めはジ・アムルタそしてアムルタスパの姉妹店のシエスタです。

シエスタは以前はジンバランにあったのですが、2015年にヌサドゥアエリアにある
アムルタの中に引っ越してきました。

バイパスから細い道に入り、その道を上っていくと高台にあるジ・アムルタにやってきました。
久しぶりのジ・アムルタは、眼下に海上道路がよく見え、暗くなって海上道路の灯りがともると、
バリ島でも有数の夜景スポットであることが分かりました。

ジ・アムルタの入口。
階段を下りたところに木のかわいらしい扉があり、隠れ家感があります。
DSC_0373
中に入るとフローリングで温かみのある雰囲気。
スパというよりは、個人のおうちにお邪魔しているような感じです。
DSC_0384
フロントの横にあるソファ。
DSC_0386
ソファの先には海上道路が見えます(この時点では夕方で海上道路には
まだ灯りがついていませんでした。また雨のため霞んでいます)。
DSC_0414
フロントの横に花びらとフランジパニの花がかわいく飾られています。
DSC_0396
フロントの後ろにかぎ付きのロッカーがあります。
かばんや貴重品はこちらに預けておきます。
DSC_0389
ウェルカムドリンクをいたきました。
これは赤米の冷たいお茶。ノンシュガーで優しい味です。
バリ島では赤米や黒米をお菓子に使ったりするので手に入りやすいものですが、
赤米をウェルカムドリンクとして出しているスパは、初めてです。
赤色系色素のタンニンを含む赤米は美肌効果があり、
スパのウェルカムドリンクとして最適です。

ウェルカムドリンクの横にある白いものは?
こちらは、なんとおしぼり。
もう一つの穴に水が入っていてその中に入れると、水を含み不織布の
おしぼりになります。使い捨てなので清潔だし、
大き目なのでしっかり手がふけるおしぼりです。
DSC_0375
フロントから階段を上がり、クリームバスのお部屋へ。
こちらも木をふんだんに利用した造りでとても落ち着いています。
通常、バリ島のスパではクリームバスはサロンと呼ばれる部屋に移動して
受けることが多いのですが、サロンは他のお客様とも一緒になります。
ところがジ・アムルタのクリームバスは贅沢に個室なんです。
なので、他の人の目が気にならず、ゆっくりリラックスして受けることができます。
そして、リクライニングの効く椅子でシャンプーからクリームバスまで、
移動する必要なく受けられることも嬉しいです。
クリームバスの椅子からも海上道路が見えます。
DSC_0416
こちらはクリームバスの部屋とは別にあるトリートメントルーム。
こちらも個室です。ジ・アムルタでは1部屋にマッサージベッドが2台ある
カップルルームはなく、一人で一部屋を使う贅沢な造りです。
DSC_0435
日が落ちてきて、海上道路にも明かりが灯りました。
DSC_0447
続いて、クラブアムルタのヴィラを拝見。
ホテルのスイートルームのような感じです。
ゆったりくすろげるソファセットがドーンとあります。
DSC_0456
そしてクリームバスが堪能できる椅子。
クラブアムルタのヴィラの場合、ヴィラの中で、
全部のトリートメントが可能なので移動する必要がなく楽ちんです。
DSC_0464
マッサージ用のマット。
シロダラもここで受けられます。
DSC_0489
そしてテラス部分にはプールも。
DSC_0481
ここからの夜景もこの通り。
海上道路がこんなふうに見える場所は、他にはないので(ないと思われるので)、
この場所は「カフェかレストランかバーにすればいいのに」とジ・アムルタの
オーナーさんに言ってしまいました。
DSC_0505
さてこちらは、ジ・アムルタと同じ建物にあるシエスタ。
ジ・アムルタと同じく、ウッディな空間で落ち着きます。
DSC_0492
クリームバスはもちろん個室です。
DSC_0501
トリートメントルームもシングルルームです。
ジ・アムルタかシエスタのどちらかが混んでいる場合は、
トリートメントルームやクリームバスのお部屋はもう片方のお客様が
利用することもあるそうです。
DSC_0497
2004年にオープンのジ・アムルタ。
しっかりと丁寧に造られた建物とふんだんに木を使ったトリートメントルーム
は12年経っていても色あせておらず、素敵な空間です。
ジ・アムルタのテラピストさんたちはオープン当初から働いている方が多く、
日本人のマネージャーさんの指導と厳しいチェックを通った人が
お客様の前に出ることができるのだそうです。
それだけでなく、ほとんとのテラピストの方が交代で日本に行き、
日本の大手エステグループのエステティシャンの方たちに
マッサージやクリームバスの指導をした経験があるそうです。
そのため、テラピストの方たちは、日本語も話すことができます。

バリ島に来たら日本への帰国の前に必ずジ・アムルタで
クリームバスを受け、帰国後も髪にさらさら感といい匂いが残っている、
というリピーターさんも多いばかりか、
日本のエステ業界も認めたジ・アムルタスパ。
次回のバリ島旅行の際に利用してみませんか?

ジ・アムルタの料金表
シエスタの料金表
バリ島のスパ・エステの一覧はこちらへ

バリ島旅行が決まったら?
01

久しぶりにサヌールのシンドゥ・ビーチに向かう道に入ったら、お洒落なカフェ。
「Nook」といって昨年(2015年)の10月ごろ、オープンしたそうです。
実は、1号店がクロボカンのウマラスエリアにあって、そちらは田んぼビューで、
既に人気のカフェでした。
DSC_2033
サヌール店のほうは、エアコンの効いた店内は木のテーブルと椅子で、落ち着いた雰囲気。
DSC_2059
窓側には小さなテーブルもあって、一人でも気軽に入れそうです。
DSC_2042
もちろん、大きなテーブルもあり、大人数での利用もできます。
シンプルな色のクッションがたくさん。
DSC_2055
居心地がよさそうで、長居してしまうこと必須。
DSC_2051
黒板には"All Day Breakfast"
朝食メニューが1日中いただけます。
DSC_2066
メニューは前菜、グリル、パスタ、サンドイッチ、パニーニ、バーガー、
バリ・インドネシア料理、デザートがあります。
朝食メニューもあって1日中利用可能です。
飲み物も充実していて、フルーツジュースや、スムージーの他、
ヘルス・ブースターというカテゴリーもあって、ヘルシーっぽい飲み物があります。
DSC_2079
カプチーノ Rp23,000+5%
ヘルス・ブースターの中のスーパースキン Rp25,000+5%
オレンジ、キュウリ、ジンジャーが入っていますが、さっぱりと飲みやすかったです。
DSC_2073
モーニングフィース Rp47,000+5%
スイートポテトとキノアのハンバーグの上に、サーモン、ポーチドエッグがのっています。
付け合せに、アボガドとトマトのサルサも。
DSC_2102
ポーチドエッグを潰して、サーモン、スイートポテトのハンバーグと一緒に
いただきました。ポーチドエッグの上にのっていたハーブと塩がアクセントになり
とても美味しかったです。
DSC_2096
ルンダン Rp55,000+5%
ルンダンは、お肉をココナツミルクとスパイスで煮込んだスマトラ島のパダン地方の料理。
パダン料理のワルンには必ずありますが、こんなお洒落なカフェでもいただけるなんて。
DSC_2086
パダン料理屋さんで食べるものとは少し違い、汁が多く、カレー料理のような感じでしたが
これはこれで美味しかったです。
DSC_2092
普段、サヌールの大通りは通っているのですが、大通りから入った道を
通ってみる機会がないことを反省。
ウブドやスミニャックにはかわいいカフェがあっていいな、
なんてことも思っていたのですが、灯台下暗しでした。
シンドゥ・ビーチに続く通りにはNookの他にも素敵なカフェがいくつもあり、
まだまだサヌールも探検できていなかったのです。

Nook
Jl. Pantai Shindu No.6, Sanur
TEL 271233
営業時間 9:00-22:00(L.O. 21:30)

*Nookへはバリチリのカーチャーターを利用でもご案内可能です。
*バリ島内のレストラン、カフェの情報はこちら→バリチリ・食べる

サヌールのタンブリンガン通りからバイパスに出る信号の手前、マクドナルド側に
昨年の6月にオープンしたソフトクリームのお店、スノーマン。
かわいい店構えのお店では、安くて美味しいソフトクリームが買えるので、
ローカルの子どもたちにも人気です。
DSC_6555
5月の半ばにプチ改装を終えて、日陰に座ってソフトクリームが食べられる
スペースができました。
DSC_6512
早速、好評で皆に利用されています。
IMG_3313
最近の新メニューは、ハロハロとエスチャンプル。
ハロハロというのはフィリピンのデザートで、タガログ語では"まぜこぜにする"
という意味があるそうです。
インドネシアでも馴染みのエス・チャンプルにアイスクリームをのせたハロハロ。
バリ島でも人気になるかも。
halo campur
早速、新メニューのハロハロのブルーオーシャンを注文してみました。
フルーツとナタデココの上に、ソフトクリームがのっていて、さっぱり味。
日中の暑さの中で、ソフトクリームが見ている間に溶けていきます。
DSC_6547
そして、定番のソフトクリーム。
スノーマンでは、バニラ、チョコレート味の他、期間限定で楽しめるスペシャルフレーバーが
毎日2種類あります。2種類のフレーバーをミックスにすることも可能です。
ストロベリー、ブルーベリー、マンゴ、メロンなどのフルーツ系、オレオやコーラなどの珍しい系など、
これまで14種類もの味が登場しました。
この日のスペシャルフレーバーはストロベリーとグリーンティー。
DSC_6536
最近、インドネシアではお菓子なども抹茶味が出てきて、抹茶ブームなので、
グリーンティーを注文してみました。
抹茶の粉をちゃんと使っていて、色だけで味のない抹茶もどきではなく、
ほんとに抹茶の味と香りがするので、オーナーさんに伺ったところ、
日本製の粉末抹茶が入っているのだそうです!
DSC_6542
ソフトクリームのワッフルもカラフルで色が選べます(味はバニラテイストです)。
DSC_6527
オープン時から一番試行錯誤を重ねてきたのがこのワッフルコーン。
厚みや焼き具合に改良を重ね、先っぽの包みをしっかりとさせ、
アイスが垂れないようにすることも改良されました。
DSC_6524
スノーマンでは、1個、買うごとにスタンプを押してくれます。
5個目が無料に!(5個目はレギュラーソフトクリームが、10個目はサンデーが
15個目はパフェが無料になります)
"いつも来てくれてありがとう!" という感謝の気持ちです。
DSCN3496
そんなスノーマンがオープンから1年を迎え、
感謝をこめての、キャンペーンを6/4-6/30の間、実施します!

1. キャンペーン期間中(6/4-30)、お越しいただいた方に、もれなく
スノーマン・オリジナル・ミニうちわと、ステッカーをプレゼント!

2. 6/4(土)は朝、10:00amより、大感謝の無料ソフトクリームを100個限定で! 

3. 翌6/5(日)は1日だけのビッグ・ディスカウント・デー
(レギュラー、サンデー、パフェが通常料金よりRp3,000割引になります!)

4. キャンペーン期間中(6/4-30)
・ソフトクリームとの写真をインスタグラムにポスティングしてくれたら、
Rp5,000ディスカウント!
・Rp35,000以上お買い上げのお客様に、オリジナルショッピング・バッグをプレセント!
(白と黒の2色からお選びいただけます)

FESTA SNOWMAN 1
1周年記念の6月には月替わりのパフェに「スノーマンのケーキポップ付きのパフェ」も登場します。
スノーマンでは、店頭での販売の他、小学校の学期末のイベントに参加したり、
養護施設へのアイスクリームのお届けなど、出張サービスも行っています。
そして、今年中にはバリ島内に支店ができるかも・・・!とのことです。

美味しくても、ソフトクリームが高かったら嬉しさは半減。
美味しいソフトクリームをみんなが買える値段で提供できるように日々努力しているスノーマン。
原料にもこだわり、「美味しいね、また食べに来ようね」と思ってもらえることを
アイスクリームを食べた人が笑顔にHappyになってくれることを、喜びとしています。

スノーマン Snowman
平日(月~木) 9:00-21:00
週末、祝祭日  9:30-21:30 
年中無休(ニュピ以外)
Instagram : snowmanicecream

*スノーマンへはバリチリのカーチャーターを利用でもご案内可能です。
*バリ島内のレストラン、カフェの情報はこちら→バリチリ・食べる

バイパス・サヌールのマクドナルドからクタ方面へ。
Piza Hatt や J.Coドーナツを越えた3階建てのルコの一番南側にあるのがマイルストーン。
2015年の6月にオープンしたのですが、オープン以来、地元の若者たちに人気になり、
もともと座席は少ないのですが満席のことも多いカフェです。
DSC_6044
お店の前にオープンスペースがありますが、ここを利用している人は
あまりみかけません。
5325b0cc[1]
中に入ると、少し暗く、落ち着いた雰囲気です。
レジのカウンターには美味しそうな焼き菓子が並んでいます。
DSC_6030
コーヒー1杯なら1階の席でもよいのですが、
ゆっくりしたい時は2階席へ。
DSC_6026
こちらが2階席。コンクリートがむき出しになった壁は、無機質なのですが、
フローリングの床と無数のランプが温かみを加えています。
コンセプトは「ニューヨークスタイル」。
DSC_5951
地元の若者たちには昔ながらのオープンエアーなところより、
スタイリッシュなデザインでエアコンの効いたお店のほうが人気があるようです。
無料Wi-fiの他、スマートフォンをチャージできるコンセントがあることも
人気カフェの条件です。
DSC_6018
マイルストーンでは、お水が無料で出てきます。お水のおかわりもできます。
(バリ島では、お水は有料のところが多いです)
アメリカーノ Rp26,000+10%
厳選した豆を使ったコーヒーが自慢のカフェですが、その本格的なコーヒーは
Rp25,000前後で楽しめます。
DSC_6013
カモミールティー Rp27,000+10%
DSC_5935
マイルストーンのスタッフは若くて美男美女。
バリの若者たちも顔が変わってきて、あっさりした顔立ちが多くなってきたような気がします。
女の子たちに人気なのも、あさっり系のようです。
DSC_5966
メニューは1日中利用可能な朝食メニューの他、ナチョスやホットドッグ、ラップなどの軽食、
そしてワッフル&フレンチトーストなどがあります。
今日は、気になったワッフルメニューを注文しました。
どれも、ワッフルまたはフレンチトーストで利用することができます。
ブルーベリー&クリームチーズのワッフルRp48,000+10%
ワッフルはカリッと焼けていて、甘そうに見えるクリームは甘くなく、美味しかったです。
DSC_5992
アップル・カラメルソースのフレンチ・トーストRp48,000+10%
DSC_6012
店内を見回すと、レトロな小物があちこちに置かれています。
DSC_5947
コーヒー豆を挽く機器
DSC_5945
レコードとレコードプレーヤーも
照明が落とされていて少し暗い店内は涼しくて居心地がよく、つい長居してしまいそうですが、
次のお客様が席を探していたので、退席することにしました。
今度は朝の出勤前に美味しそうな朝食メニューを食べに来たいな、と思いました。
DSCN3489
マイルストーン(Milestone)
Jl. Byoass Ngurah Rai No.88 Sanur
TEL 0896-7075-0333
営業時間 8:00-23:00pm

*マイルストーンへはバリチリのカーチャーターを利用でもご案内可能です。
*バリ島内のレストラン、カフェの情報はこちら→バリチリ・食べる

このページのトップヘ