バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

今日は、T様ご夫妻と、バリ島の東部へ。
クルンクン、カランアサム県を中心とした東部エリアは、
南部観光地から少し遠くなってしまいますが、
ダイナミックな自然と歴史的な寺院、遺跡が残る
なかなかの見どころ満載のエリアです。

まずはスマラプラにあるクルタ・ゴサ。スマラプラ王宮跡です。

これは、入ってすぐのところにあるバレ・カンガン。
池の中に浮かぶように建てられています。
王家の人々の休息所として使われていた建物を復元したものです。
DSCN0357



















王宮の呼び名にもなっているクルタ・ゴサは、こちら。
クルタ・ゴサは、サンスクリット語で裁判所を意味します。
この天井画は、道徳的なことをモチーフにしていて、
一つ一つじっくり、見ていくと面白いです。
DSCN0342
カマサン・スタイルといわれる天井画
DSCN0340
いいお天気で、気持ちいい~!
DSCN0345
敷地内には、ゲルゲル、クルンクン王朝時代の展示がある博物館あり。
竹の楽器、リンディックを叩いてみましょう。ぽこぽこ、やわらかい音がします。
DSCN0346
カルタ・ゴサから、北上して、向かった先はブサキ寺院。

ブサキ寺院の手前にある、マハギリレストランでランチ。
目の前に、アグン山と田んぼが広がる絶景ビューです。
DSCN0376
DSCN0364
DSCN0373
DSCN0368
ここからさらに足を進めて、東へ。
カランアサム王朝のもう一つの王宮、タマン・ウジュンへ。
水をたたえた王宮で、水の王宮ともいわれます。

1921年にアングルラ・クトゥット王によって
静養と迎賓のために建てられたといわれていますが、
1979年の地震により、崩壊し、長い間、放置されていましたが、
近年、公園として整備され、生まれ変わりました。

では、行ってみましょ~!
DSCN0391
DSCN0387
橋を渡って王宮へ。
DSCN0400
こちらです!バリチリ日本語ガイドのデワちゃん。
DSCN0394
はーい!
DSCN0393
ちょっと、休憩。
DSCN0396
オランダの建築様式を取り入れた建物。
バリ島では珍しいです。
DSCN0388
DSCN0395
中に入って見学。
DSCN0399
王を祀っている「聖なる部屋」
DSCN0401
室内からの風景も絵になります。
DSCN0406
DSCN0413
DSCN0412
敷地内の高台にのぼると、公園が一望できます。
向こうには、海も見えます。
DSCN0421
ではこちらで、ばんざーい!
DSCN0426
この柱も、ヨーロッパ風ですね。
DSCN0427
DSCN0428
それでは公園を出て、次の石鹸工房まで、先を急ぎましょう。
DSCN0436
本日、最後にやってきたのは、
アイランドミスティックというナチュラルソープの工房です。
カランアサムには、ナチュラルソープの工房が多いですね。
石鹸の主な材料となる天然のココナツが手に入りやすいのでしょうか。
DSCN0482
石鹸工房の敷地のすぐ前は、海。
ガイドのデワちゃん、お客様を待つ間、たたずんでおります。
DSCN0462
目の前に広がる海。
DSCN0464
地元の人が儀式のため、通っていきました。
DSCN0478
一緒に記念撮影!
DSCN0484
さて、バリ島の東端から、一気に南部エリアまで戻りますよ~。

バリ島ご旅行中、時間があったら、
ぜひ、魅力あふれる東部バリにもぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

バリ島を東へ、西へ・・・4日間、バリチリのカーチャーターをご利用いただきました
T 様の向かった先をご紹介させていただきます!

1日目は、ウブド郊外のタンパシリンといわれるエリアにある遺跡を中心に。
グヌン・カウィや、ティルタエンプル、スバトゥなどに行ってまいりました。

きれいな、景色の中、渓谷のほうに下っていきます。
数百段という階段、行きはよいですが、帰りは・・・
DSCN0231

プクリサン川の両側に岩に彫られたチャンディ(石碑)が見えてきます。
DSCN0233
こちらは、4つのチャンディ。
ワルマデワ王朝6代アナッ・ウンス王の4人の妃の陵墓のチャンディと
いわれています。
DSCN0232
岩を切り出して、立体的な建造物のように彫られています。
この様式は、インドのアジャンタやエローラ石窟に見られる様式とのこと。
インドの影響がここまで及んでいたのですね。
DSCN0234
さらに進んでいくと、寺院があります。
DSCN0235
寺院の裏手へ。仏教僧が修業をしていたところ。
DSCN0236
仏教僧が瞑想していたところ。
DSCN0237
DSCN0239
帰り道、長い階段を戻ります。
DSCN0250
DSCN0251
ちょっと一息。
DSCN0255
周辺の棚田もテガラランに劣らず、見事です。
DSCN0256
DSCN0257
帰り道、地元のおじさんが、ココナツジュースを売ってるのを横目に。
DSCN0258
DSCN0259
グヌン・カウィの次は、15分ほどのところにあるティルタ・エンプル寺院。
DSCN0264
聖なる泉から湧き出た水をちょっと、触ってみましょうか。
DSCN0265



















DSCN0266
今日も、お祈りをしている人、見学の人がたくさん訪れています。
DSCN0267
境内で。
やっぱり、手を合わせたくなりますよね。
DSCN0288
ティルタ・エンプルから、さらに北へ20分ほど。
グヌン・カウィ・スバトゥ寺院へ。
DSCN0301
こちらにも、聖なる泉が湧き出ていて、清らかな水をたたえています。
DSCN0297
DSCN0300
寺院。
雨が降ってきました(最近、5月というのに雨が多いですね・・・)
DSCN0303
スバトゥ寺院を後にして、テガラランのほうに下ってきました。
雨が本格的に降ってきました。
テガラランの棚田の真ん前、アロンアロンカフェ
DSCN0306
東屋のお席で、しばし休憩。
DSCN0304
雨降りの棚田もしっとりしていて、乙なものです。
DSCN0311
雨でもかまわず、田んぼで働くおじさん。
時々、バナナの葉っぱを傘代わりにしてたりまします。
DSCN0318
さて、明日は、どこに行きましょうか・・・?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

バリ島旅行の際には、いつもバリチリを利用してくださる
ruby mama 様ご夫妻。
先日、カーチャーターのご感想をいただきました。

ruby mama 様ご夫妻が、今回、カーチャーターで回られたコースは、
日本に住むバリ人のご友人が勧めてくれたところ。

さて、どんなところを訪問したのでしょうか・・・?

ruby mama 様ご夫妻をご滞在のホテルへお迎え。
緑が美しいこちらのホテル、ウブドのピタマハです。
DSCN0060
最初に向かったのがキンタマーニ高原。
こちらのレストランで、ご友人のご家族と会いました。
なんと、弊社のガイド、デワと知り合いだったそうです!
DSCN0065
キンタマーニを後にして向かったのは、パンリ・プラン。
あまり知られていないこの村は、バリの伝統的な方位観に基づいて
形成されている村。訪れると、そののんびりとした雰囲気に、ほっとします。
DSCN0097
入り口に、村の地図があります。
DSCN0096
村の中心を走る一本道の両側に各家が整然と並んでいます。
DSCN0086
村の人たちの生活を間近に見せてもらえるなんて、すごいですね。
DSCN0070
DSCN0075
見学者もけっこういました。
DSCN0090
ruby mama 様ご夫妻も記念撮影。
DSCN0072
どの家も竹の屋根と、土壁の門は同じ造りです。
DSCN0071
門のところに、表札があって、この家に住んでいる人の
家族構成が分かります。
このお家は、男性が3人、女性が5人、合計8人です。
DSCN0069
建築中のバレ・アダット
DSCN0074
民家
竹の屋根、竹の壁で、バリ島の伝統的な家です。
DSCN0079
DSCN0080
村にあるクルクル。
これを叩いて、村の人々に急を知らせたり、村の会議や、
ゴトン・ロヨンを呼びかけたりします。
叩く回数によって、何の合図かが決まっています。
DSCN0085
パンリプランの次は、ゴア・ガジャ遺跡。
DSCN0099
ゴア・ガジャにいたおじいさん。
DSCN0107
奥の岩場のほうまで案内してくれました。
DSCN0109
DSCN0117
すごい樹の根。
DSCN0121
この後、ruby mama 様ご夫妻、
夜には、また別のご友人のご家族にも会ったそうです。

日本に戻られてから、ご友人のお勧めの場所を回った感想や、
ご家族の話などで、また、盛り上がることでしょう。
こんな旅も素敵ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ウルワツ寺院の入り口です。
大きな石碑ができました。「大寺院ウルワツ」と書かれています。
DSCN4910
お寺に入るにあたって、聖紐を腰に巻きます。
膝上のショートパンツなどをはいている場合は、
布も巻きます。

寺院の割れ門の前でも記念に!
DSCN4911
駐車場から、寺院に向かう途中にいたサル。
ポカリスエットをごくごく。
DSCN4929
あれ、こっちでも。
DSCN4926
ケチャダンスの会場。
18時開始ですが、17時過ぎだとまだ観客もまばらです。
DSCN4922
でも、ケチャダンスが始まるころには、満席
DSCN4931
ケチャダンスのチケットは事前に購入できますか?
というご質問をいただくのですが、
残念ながらウルワツのケチャダンスは、事前購入というシステムになっていません。
当日、会場にてチケットを購入、来られた方から着席、となります。

最近、午後になると、ちょこっと雨が降ることがあるバリ島です。
でも、おおむねお天気はよいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

キンタマーニ高原に行く途中に、通称「コーヒー園」と呼ばれるところがあります。
コーヒーの木がたくさん植えられていて、
その場所で、コーヒーを生産している・・・というのではなく、
主に、コーヒーを販売しているところです。

入り口を入っていくと、コーヒーをはじめ、カカオ、フルーツ、
スパイスなどが植えられている雑木林があります。

コーヒーの実
DSCN4949
カカオの実
DSCN4950
ルアクコーヒーのジャコウネコ。
夜行性なので、昼間は眠そうですね。
DSCN4948
コーヒー園についての詳細、こちらもご参照くださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ