バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

バリ島は日本の愛媛県とほぼ同じ面積ですが、起伏に富んだ地形で、
東西南北で違った表情を見せてくれます。

バリ島の主な観光地として人気なのは、
キンタマーニ高原、テガラランの棚田、ゴアガジャ、ウルワツ寺院、タナロット寺院などで、
世界遺産登録をきっかけにジャティルイやタマンアユン寺院、ティルタエンプル寺院なども
近年、リクエストが多くなっています。

ところが、バリ島にはこれらの行き先の他にも
旅行者があまり訪れない、でも魅力がいっぱいの場所がたくさんあります。

そこで、バリチリがそんな場所をご案内するために新しく作ったのが
"東部バリ満喫ツアー"。
ちょっと先のバリ島へ行ってみませんか?

行き先は・・・

・天然塩の産地クサンバ
・天空の寺院といわれるランプヤン寺院
・絶景ビューのバリ・アスリでバリ料理のランチ
・栄華をきわめたカランアッサム王宮
・水に浮かぶ王宮、タマン・ウジュン
・今なお独自の文化を守るトゥガナン村

まずは天然塩の産地として有名なクサンバ
海岸沿いに塩を作る作業小屋がぽつぽつと建っています。
DSC_5625
海水をくみ、砂浜にまいて塩田を作ります
DSC_5728
海水を含んだ砂は作業小屋に移され、上から海水をろ過させます。
そうして、塩分が凝縮されたかん水が出てきます
DSC_5679
このかん水をココナツの幹を割って薄くした板に流し、天日で乾燥させます。
DSC_5771
こうして出来上がったのが甘くておいしいクサンバの天然塩
DSC_5785
クサンバを後に、車で1時間ちょっと。
途中、チャンディダサ、アムラムラの街を通って向かったのが
天空の寺院ともいわれるランプヤン寺院。
ツアーでは、ランプヤン寺院の中のプナタラン・アグン寺院にご案内します。
DSC_5825
割れ門を通って、後ろを振り返ると、
DSC_5828
門の向こうにアグン山が全景を現しています
DSC_5867
さらに階段を上り正門をぬけると
DSC_6067
境内からはこんな絶景が
DSC_6026
境内ではランプヤン(光)の意味となっている、太陽の神様を祀っています
DSC_6030
ランプヤン寺院から車で30分、お待ちかねのランチです
グルンパン村にあるバリ・アスリというレストランでランチ
DSC_6170
バリ・アスリのアスリというのはオリジナルという意味で、
レストランの造りから、景色から、お料理からバリのオリジナルにこだわっています。
DSC_6762
バリ・アスリがこだわった景色。
目の前にアグン山が現れます。
DSC_6334
最初に数種類のクルプックとスパイシーサラックのウェルカムドリンク
DSC_6372
お料理はムギブンというカランアッサム地方の共食スタイルをならったもの
料理を真ん中に、皆で取り分けていただきます。
DSC_6581
食後には季節のフルーツとバリのお菓子。
そして、コーヒーまたは紅茶のサービスがあります。
DSC_6726
バリ・アスリを後にして、車で15分ほど。
アムラプラの街の中になるカランアッサム王宮へ。
DSC_6779
ヨーロッパの様式が取り入れられた王宮はバリ島ではここだけです
DSC_6793
リビングルーム
DSC_6811
会議などに使われたバレ・ギリは池の中に建てらています
DSC_6833
バレ・ロンドンという英国様式の建物
DSC_6843
カランアッサム王宮の次は車で10分、カランアッサム王が休養と迎賓のために
建てたタマン・ウジュンへ。
2004年に史跡公園として整備され、中は花が咲き乱れたとてもきれいな公園です。
DSC_7070
池に浮かんでいるように建てられた王宮
DSC_6962
ヨーロッパを思わせる王宮の内部
DSC_6950
王宮の全景はバレ・ブンダルという高台のバレから見たもの
DSC_6988
ギリシャ神殿の柱をイメージしたかのような高台からは海も臨めます
DSCN0684
最後に向かうのがバリ・アガというバリ島の先住民が住むトゥガナンという村です。
バリ島にヒンドゥー教が伝来する11世紀以前の習慣を今なお守っています。
村の造りも一般的なバリの村とは異なります。
IMG_6128
トゥガナンはアタ製品やダブルイカットと言われる布の産地としても有名です
IMG_1201
布の縦糸、横糸とも植物から採った染料で染めています。
それぞれの色や模様には意味があり、織られた布には特別な力が宿り
魔除けとして身を守ってくれるものになります。
IMG_6125
トゥガナン村を見学した後は、帰路につきます。
トゥガン村から南部エリアまでは1時間30分~2時間ほど。
まだま自然とバリ島の色が濃く残る東部エリアへの旅は、リフレッシュできること
間違いなし。新たな発見もあるはずです。

バリチリの"東部バリ満喫ツアー"の詳細はこちら

バリ島のオプショナルでさらに充実すべし!

よいお天気です。
キンタマーニ高原にやってきました!
向かって左手にバトゥール山
DSC_8980
右手がバトゥール湖
DSC_8992
日影に入ると、ひんやりと涼しく、気持ちよいです。
展望台。物売りの人たちが少なくなったような気がしました。
DSC_9047
DSC_9033
キンタマーニ高原では、今、バリみかん(ジュルック・バリ)の収穫時期でした。
採れたてのみかんが安く買えます。
DSC_9053
昨日は、お日柄がよく、結婚式をする地元の人たちが何組もあって、
バトゥール寺院にお参りにきていました。

バリ島のカーチャーター・チャーターカーでキンタマーニ高原に行こう!
DSC_9359

バリ島のオプショナルでさらに充実すべし!

先月のことになりますが、バリチリのチャーターカーをご利用いただきました
O様。チャーターカーで、ジャムー作りというユニークな体験をされたので
少し、紹介させていただきます。

場所は、ウブドのナディスハーバル。
自然素材&手作りのマッサージオイルやスクラブ、石鹸、ローションなどの
ボディケア製品を扱っているお店です。
DSCN1485

DSCN1486
こちらでは、ナディスハーバルで扱っている
プロダクトの作り方を教えてもらうことができるのです。
DSCN1488
先生は、ナディスハーバルのスタッフのチトラさん
DSCN1491
・ジャムー・クニット(ウコンのジャムー)
・ボレ(お米から作ったスクラブ)
・マッサージオイル(ココナツオイルと花を混ぜたもの)
の3つを2時間ほどかけて教えていただきました。
DSCN1493
まずはジャムー・クニット。
ウコンを使った健康飲料です。
バリ島では料理の基本材料として、ウコンを使うなど日常的なものです。
DSCN1495
切った材料をブレンダ―にかけます。
DSCN1496
ブレンダ―にかけたものを煮詰めて、ジャムー・クニットの出来上がり。
DSCN1499
プロダクト作りを終えて向かったのはクロボカンの人気ローカルワルン、コレガ。
DSCN1502
豚料理を使っていないハラルのお店です。
化学調味料も利用せず、ココナツミルクやトラシなどを旨味に
コクのある味に仕上げています。
DSCN1501
それぞれのお料理にインドネシア語と英語で表記がるので、選びやすいです。
DSCN1500
それでは、いただきまーす!
DSCN1504
ソーダ・グンビラは訳すと、ハッピー・ソーダでしょうか。
赤いシロップと練乳がコップの中に入っていて、
それを炭酸水で割って飲む、甘くて幸せな飲物です。
DSCN1508
ワルン・コレガで食事をして、この後はタナロットに向かいます!

バリ島から日帰りで、ジョグジャカルタに行ってきました。
ジャワ島のジョグジャカルタには、2つの世界遺産
ボロブドゥール寺院とプランバナン寺院があります。

ジョグジャカルタの街から車で約1時間、マグランという町にボロブドゥール寺院が
あります。

寺院の周辺は、遺跡公園として整備されており、85ヘクタールという広さです。
そのため、駐車場で車を降りてから、ボロブドゥール寺院までは、しばし歩きます。
DSCN9753
ボロブドゥール寺院です。
時計回りに内廊を巡って参拝します。基壇は煩悩に満ちた俗界を象徴し、
上に上がるにつれ、色界、無色界となり、参拝者の心が浄められていきます。
DSCN9755
ボロブドゥールの壁面を飾るレリーフは東面の入口から入り、それぞれの階の
回廊を左のほうに歩いていくと、ストーリーを追うことができるようになっています。
基壇のレリーフは「マハ・カルマ・ウィバンガ」という物語をもとに、
煩悩にとらわれている人間の生を描いているといわれています。
DSCN9758
色階部分には釈迦の一生を描いたレリーフです。
DSCN9766
出家して悟りをひらくまでの様子がラリタ・ヴィスタラという経典をもとに
描かれています。
DSCN9773
回廊を巡り終わると、円壇の階に出ます。
ここにはストゥーパという塔があり、この数は全部で72体とのことです。
DSCN9779
最後の1段のストゥーパの格子は◆(四角)となっていて、これは迷いのない
安定した賢者の心を表しているそうです。
DSCN9780
ストゥーパの中には仏像が鎮座しています。
DSCN9783
最上部の大ストゥーパ
DSCN9784
壮大なボロブドゥール寺院は悠久の時間が流れ、居るだけで、落ち着きます。
時間がたっぷりあれば、朝、昼、夕と違う景色を眺めてみたいです。

名残惜しいですが、ボロブドゥール寺院を出て、ランチの場所となるアマンジヲホテル
に向かいます。ボロブドゥール寺院からは車で10分ほどです。
ボロブドゥール寺院を模したエントランス
DSCN9794
壁や床など白で統一されているのですが、
石の一つ一つの色が違って、上品な印象となります。
DSCN9795
エントランスの向こうに、ボロブドゥールとその周辺の森が見えます
DSCN9797
ロビーではジャワの民族衣装を着て、ガムランの演奏
DSCN9798
レストランに向かう通路は、ボロブドゥールの回廊のようです
DSCN9810
コロシアムのような雰囲気のレストラン
DSCN9832
3コースのランチをいただきました。
前菜
DSCN9818
メイン
DSCN9824
デザート
DSCN9837
ランチの後、ジョグジャカルタの市内に向かいました。
アマンジヲからは、車で1時間30分ほどです。
市内の中心となるマリオボロ通りです。
DSCN9875
ジョグジャカルタの郵便局
コロニアル風の建物
DSCN6060
通りの街灯。
街灯の台にバティックの模様を説明したレリーフがあるのがジョグジャカルタらしいです
DSCN6059
ジョグジャカルタではベチャという乗り物が庶民の足として活躍していました
DSCN6063
路地で、伝統的なお菓子を売っていたおばあさん。
DSCN6019
こちらは、バッピアというジョグジャカルタ名物のお菓子
パリッとしたパイ皮のような薄い皮の中に、あんがぎっしりと入っています。
伝統的なものはカチャン・ヒジョウといって緑豆のあんですが、
最近は、チーズや、チョコレートなどが入ったものも人気です。
DSCN9877
バッピアのお店では作り立てのものを試食することができました。
あたたかくて、美味しく、いろんな味が楽しめました。
DSCN9878
ジョグジャカルタの街をぶらぶらしたところで、市内から約1時間。
プランバナン寺院に向かいます。
ボロブドゥールが仏教寺院だったのに対し、こちらはヒンドゥー寺院。
9世紀名ごろから、10世紀にかけて建立されたといわれています。

6塔のお堂が経っていて、中心となるの中央にあるシヴァ聖堂と
その南側(向かって左)のブラフマ聖堂、北側のヴィシュヌ聖堂で、
それぞれヒンドゥー教の3主神の石像を祀っています。
DSCN9839
ガルーダ堂
DSCN9842
ブラフマ聖堂内のブラフマ神
DSCN9847
高さ47mのシヴァ堂。中心のお堂です。
DSCN9861
ウィシュヌ神
DSCN6359
シヴァ神の乗り物の牛(ナンディー)はシヴァ聖堂の向かいにあります
DSCN6348
プランナン公園内で会った地元の高校生たち
ジルバブを被った制服姿はバリ島ではあまり見かけません
DSCN9863
日の暮れかかった公園を後にします
DSCN9864
プランバナン寺院の向こうに夕日が沈んでいきます
DSCN9869
プランバナン寺院からジョグジャカルタの空港までは、30分もかかりません。
駆け足で回った世界遺産とジョグジャカルタのツアーでした。
1日で、バリ島とは違った文化や景色に触れられる貴重な体験でした。

バリ島からジョグジャカルタへ!
バリチリでは下記の2つのツアーを取り扱っています。

1. ボロブドゥール寺院+プランバナン寺院+ジョグジャカルタでの自由時間
2.   ボロブドゥール寺院+プランバナン寺院+ジョグジャカルタ市内観光
(ジョグジャカルタの王宮、水の王宮、銀細工、バティックの工房など)

お母様とご旅行のN様。
エレファントサファリパークでエレファントライドを楽しんだり、
ウブドの寺院を散策したりして、夕日の時間にジンバランビーチにやってきました!
DSCN6658
海に沈んでいく夕日が見えます
DSCN6660
夕日を目の前にしながら、シーフードBBQがいただけるのが
ジンバランビーチの魅力です
DSCN6656
準備万端。
サングラスを用意していただいています。
DSCN6661
お食事が運ばれてきました。
今日、やってきたのは、ムラスティカフェです。
DSCN6663
チャーターカー終了後のご感想
"母がスローペースでしたが、ガイドさんが気づかって下さったので助かりました。
とても充実した1日でした"

N様、お母様との楽しいご旅行で、バリチリのチャーターカーをご利用いただき
ありがとうございました。

バリ島の夕日のスポットはいろいろ。
ウルワツ寺院、タナロット寺院、クタビーチ、スミニャック・・・
ジンバランビーチでのシーフードBBQディナーも、夕日が見えるスポットの一つです。

このページのトップヘ