バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

2014年08月

"バリの人はどんな家に住んで、どんな生活をしているの?"
そんなことに興味がある方も多いと思います。

観光でバリ島に来ても、地元の人のお家を見せてもらう、
という機会はなかなか、ないものです。

でも、ご安心を。
観光客も、伝統的なバリのお家を訪問させてもらえる場所があります。

それが、パンリプラン村。
バンリ県にあるプンリプラン村は、今なお伝統的な建築様式を村全体が保存しており、
1993年から村全体を「観光村」とし、外の人の来訪を受け入れているのです。

パンリプラン村の入り口。
「ようこそ、観光村パンリプランへ」と書かれた看板が掲げられています
DSCN6653
村の入り口にある集会所。
DSCN6651
集会所の前で。
パンリ・プラン村内の建物の特徴の一つとして、木の屋根瓦が使われています。
DSCN6618
村の中にあるお寺
DSCN6648
村に入ると、道がまっすぐ南北にのびていてその両側に屋敷地が並んでいます。
IMG_2125
DSCN6620
屋敷地の間口はどれも5メートルほどですが、奥行が20メートルと、
細長い敷地です。
村の入り口で、入村料(2014年8月現在Rp10,000/ひとり)を支払うと、
番号を書いた紙を渡されます。
その番号の家を見学させてもらうことができるというシステムになっています。
DSCN6623
お邪魔します!
敷地内には決められた配置によって、建物が並んでいます。
こちらは家寺の西にある台所兼寝室の建物。
パンリ・プラン村では、各家は、必ず、このスタイルの建物を残しておかないと
いけないそうです。
DSCN6624
ごはんのお皿を持って、出てきたお父さんとばったり。
DSCN6641
こちらが、その内部です。
DSCN6632
昔ながらのかまどが使われています。
DSCN6629
壁の隙間にスプーンやナイフをちょこっとかけておけるとは・・・
DSCN6628
こちらが寝床。台所と寝床が兼用されています。
DSCN6627
寝床の様子。こんなところまでなかなか見ることはできないですよね。
DSCN6631
外に出ると、家の南側に置かれているバレで、
お母さんが儀式に使うお供え物用のお菓子を手作り中。
DSCN6643
手前のつるつるのタイルがある建物は、西側にあり、居間や寝室として使われています。
この建物だけは、新しい様式で自由に建てることができるものですが、
それ以外の建物は、決められた様式、寸法を守るようになっているそうです。
DSCN6646
家の一番、奥では、豚が飼われていました。
この豚は、儀式で使われたり、売られたりして、家計の助けになります。
DSCN6634
敷地の北東角にある家寺
DSCN6640
パンリ・プランはウブドから車で大体、45分ほどになります。
なぜか、インドネシア国内の観光客に人気のスポットとなっています。
村の人たちは、外国語は話せませんが、とても素朴で親切。
DSCN6652
パンリ・プランとあわせて行けるところ:キンタマーニ高原、ウブドなど。
バリのお家を見学に行きませんか?

バリ島の最後の王朝といわれるクルンクン王朝の王宮跡は
東部バリの観光スポットの一つです。

入口にあるバレ・カンバンは王家の人々が憩いの場として使っていた
建物を復元したもので、
DSCN1454
現在は周囲を池に囲まれています。
DSCN1450
バレ・カンバンから、通りのほうを眺めた様子。
向こうに見えている塔はププタン記念碑。
オランダ軍との戦いを記したモニュメントです。
DSCN1453
敷地内にあるこちらの建物がクルタ・ゴサ。
サンスクリット語で裁判所の意味だそうです。
DSCN1449
この天井に描かれた絵画が有名で、これを見にたくさんの人が
訪れています。
DSCN1447
この絵はカマサン・スタイルと言われ、クルンクンのカマサン村で受け継がれてきたもので、
バリの絵画の古典といわれる技法です。
DSCN1451
壁画の題材は道徳的な教えをモチーフにしたもので、
じっと、天井を見ていると、首が痛くなってきてしまいますが、
悪いことをしたら地獄で閻魔様に舌をぬかれる、みたいな地獄絵を
探してみると面白いかもしれません。
DSCN1452
スマラプラ王宮、クルタ・ゴサと合わせて行ける場所
ブサキ寺院、ブキット・ジャンブル、シドゥメンなど。

東部バリのクサンバは、バリ島の塩の産地として有名です。
黒砂の塩田で、昔ながらの製法で塩が作られています。
ミネラルをたっぷり含んだクサンバの塩は、お料理の味を引き出してくれると、
お土産としても人気です。

ビーチ沿いに建つ小屋が塩を作っているところの目印です
DSCN9751
7,8回ほど海水を染み込ませた砂から、塩水のみをろ過しています
DSCN9747
ろ過された塩水が天日で乾くのを待ちます
DSCN9748
バリ島の強い日差しを浴びて、水分が乾くと、
DSCN9750
塩の結晶が現れます。
DSCN9749
雨があまり降らない乾季は、塩の乾燥も早く、質のよい塩ができるそうです。
塩だけをなめてみると、とても、まろやか。

南部エリアからクサンバまではバイパスを通って、1時間ほど。
お土産に、お家用に、バリ島の天然塩はいかがでしょうか?

クサンバと合わせて行ける場所
ゴア・ラワ寺院、ブサキ寺院、ランプヤン寺院、タマン・ウジュン
カランアッサム王宮、ティルタガンガ、アマンキラ、アリラマンギス、
チャンディダサ などなど。

8月に入りましたね。
バリ島にいらっしゃるお客様も家族連れが目立つようになってきました!
皆さん、どんな夏の思い出になるのでしょうか。

4歳と5歳のお子様と一緒、チャーターカーでウブド方面へ。
ゴアガジャの入口付近です。
IMG_2116
ゴアガジャの洞窟への入口。ここは、マストの写真撮影ポイントです。
IMG_2118
ゴアガジャの入口付近にある象の像。
お土産物屋さんも並んでいます。
IMG_2119
お目当てのテガラランの棚田にやってきました。
こちらでランチです。
IMG_2120
お天気にも恵まれ、よい一日になりました。
O様ご一家、本日はご利用ありがとうございました。
楽しい思い出になったでしょうか?

このページのトップヘ