バリ・ヒンドゥーの総本山として崇められるブサキ寺院は、
バリ島東部、カランアサム県にあります。
南部エリアから2時間ほど、ウブドエリアからは1時間30分ほどになります。

DSCN6038
お天気がよいとブサキ寺院の向こうにアグン山が見えますが・・・
DSCN6032
バリ島の寺院にある割れ門。
ブサキ寺院の割れ門も立派です。
黒石はこのあたりで採掘されるもので、ブサキ寺院というと、黒い色の
イメージがあります。
DSCN6036
ブサキ寺院とひとことで言いますが、実際は30以上の寺院が集まっています。
バリの人たちは、ブサキ寺院に参拝する際には、
それぞれの家のお寺で参拝したあと、最後に中央のプナタラン・アグン寺院で
参拝します。
DSCN6042
DSCN6045
プナタラン・アグン寺院の周りは道があって、ぐるりと1周することができます。

DSCN6040
眺望がよく、お天気がよければ、はるか向こうまで景色が望めます。
DSCN6044
上まで行って降りてくるには、かなり階段があります。

DSCN6052
ブサキ寺院ですが、「ブサキのガイド」というのが有名で、
ブサキ寺院でガイドさんを雇わないといけない、と思われているお客様が
いらっしゃいますが、バリチリのチャーターカーをご利用いただきます場合は、
バリチリの政府公認のガイドがご案内させていただきますので、
ブサキ寺院のガイドさんを雇う必要はございません。

注意事項としましては、
1.ブサキ寺院に入る際、サロンという布を有料でレンタルする必要があること
2.子どもたちがお花を渡しにくること
があります。

1.については、あらかじめ布と腰紐を用意していただいてもよいですし、
レンタルされる場合は、法外な料金にならないようバリチリのガイドが
交渉させていただきます。

2.については、子どもたちから、お花を受け取ると、お金を要求されます。
子どもたちのお小遣いに、と、お花を受け取って、小銭をお渡しいただいても
よいですし、お金を渡したくない、という場合は、お花を受け取らないようにしてください。

ブサキ寺院のいろいろな噂を聞いて、訪問を躊躇されるお客様も
いらっしゃいますが、気持ちよくブサキ寺院の訪問ができるようバリチリでは
お手伝いさせていただきますので、ブサキ寺院の訪問を
ご希望の場合は、ぜひ、ご相談ください!