バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

カテゴリ:バリ島観光スポット > ランプヤン寺院

ヌサドゥアからランプヤン寺院へ。
海上道路を通って、2時間30分ほどかかります。

お寺の入口で、お布施を払うと、腰に巻く布と、帯を貸してもらえます。
この布、なかなか素敵です。というか、お揃いで、お客様に、とっても似合っています。

プナタラン・アグン寺院の入口です。
DSCN6693
ここから階段を上って、お馴染みの割れ門をくぐると、広場があって、
その向こうにまた階段が続いています。
DSCN6682
そして、お客様の視線の先には、割れ門があって、天気がよいと
割れ門の向こうに、アグン山がそびえています。
DSCN6684
ランプヤン寺院は標高が高いので、霧がかかりやすいです。
DSCN6685
境内に続く、階段を上っていきます。
階段の両脇が龍のデザインになっています。
DSCN6689
上まで上がり終えたら、境内に入る前に、後ろを振り返るのをお忘れなく。
DSCN6691
ランプヤン寺院までは、距離がありますが、来てよかったと思えますよ。

ランプヤン寺院をはじめバリ島東部の見どころがいっぱい
バリチリの「東部バリ満喫ツアー」もご利用くださいませ。


"そうだ、バリ島へ行こう!"
バリ島旅行の予約が何でもできるサイトはこちら↓
01

ランプヤン寺院へ行ってきました!

ランプヤン寺院は8つのお寺で構成されているのですが、
今日は、お馴染みのプナタラン・アグン(2番目のお寺)に行きます。
IMG_2271
プナタラン・アグンへの入口です
IMG_2248
参拝にあたっては、向かって左側を通ります。
真ん中は神様の通る道です。
IMG_2253
乾季のよいお天気で、特に午前中は、空気が澄んでいるので
アグン山がきれいに見えます
IMG_2250
アグン山の全景
裾野が広く、富士山に似ているような気がします
IMG_2269
今日は、正装をした地元の人たちもたくさん来ていました
IMG_2257
今日は、ムアジャル・アジャル(ヌントゥン)という、お葬式の後の
浄めの儀式に訪れている人たちです
IMG_2262
葬儀の後、1~2週間後にこの浄めの儀式を行い、はじめて葬儀にかかわる
一連の儀式が終了です。
IMG_2264
ランプヤン寺院までは2時間30分~3時間ほどかかりますが、朝がお勧めです。
清らかな空気が流れ、ここにいるだけで、浄化され、エネルギーがチャージされるような
気がします。
IMG_2266
ランプヤン寺院とあわせて行ける場所
タマン・ウジュン、ティルタガンガ、チャンディダサ、パダンバイ など

2014年あけましておめでとうございます!
遅ればせながら、こちらのブログも更新です。

年末年始は、あいにく雨が降り続いたバリ島ですが、
木々の緑が潤い、しっとりとした雰囲気に包まれました。

元旦には、バリ島東部で、バリ島の中でも、一番早く、日の出が見られる
ランプヤン寺院への訪問のリクエストがありました!
ランプヤン寺院は、標高1,000メートルに位置しており、
目の前にアグン山が望めることから、「天空の寺院」などと呼ばれることがある寺院です。

早朝、日の出前に南部エリアのホテルを出発して、2時間30分、
ランプヤンン寺院に到着です。

山の頂上の本堂までは、表山道、裏山道のいずれかをゆっくり歩いて
1時間30分ほどになりますが、中腹の大社までだと、30分ほどで到着です。

見事な獅子の彫刻です。
DSCN1222
約70段の階段を上っていきます
DSCN1221
中腹の大社に到着
DSCN1225
後ろを振り返ると、雲がかかっていますが、アグン山が目の前に。
DSCN1228
DSCN1232
参拝のバリ・ヒンドゥーの人たち。参拝の際は、必ず頂上まで行くそうです。
DSCN1231
DSCN1234
雨季のため、たっぷり水分を含んだ緑が生き生きと潤っています
DSCN1244


















お猿さんがいました!
DSCN1252
中腹からは、参道の裏道を通って、壮大な東部バリの景色を堪能しながら
下へ降りていきます。
DSCN1261
ランプヤン寺院は、地場のエネルギーが強く、パワースポットとしても
知られています。
南部エリアからは、時間がかかること、頂上まで、歩くことなどから、
気軽に訪れることはできないのですが、気合のある方は、ぜひ!

また、バリ倶楽部さん主催の
ランプヤン寺院Deサンライズ!祈り&ヨガ&ヘルシーブランチもあります!


このページのトップヘ