バリチリの体験ルポ ブログ!!

バリ島現地旅行会社バリチリのオプショナル・ツアー・スパ
アクティビィティをお客様&バリチリが一足お先に体験!

カテゴリ: バリ島観光スポット

ランプヤン寺院からの帰り道にぜひ立ち寄りたいのがバリアスリ・レストラン。
ランプヤン寺院からチャンディダサ方面に30分ほどのところにあります。
オーストラリア人のオーナー兼シェフのPennyさんは、バリ島東部のこの土地を愛し、
地元の食材にこだわった日帰りのバリ料理を提供しています。

バリアスリ・レストランの入り口
DSC00345
中に入ると、バリ風の門。そしてその向こうには田んぼが広がっています。
DSC00332
レストランの入り口。バリの建築様式。
DSC00331
キッチンからつながっているカウンター
DSC00329
レストランはオープンになっていて、目の前にアグン山を見ることができます
DSC00326
DSC00340
太陽が燦々と降り注ぐ、ウッドデッキ。
このスペースの端にもテーブルがあります。
DSC00334
目の前に広がる田んぼとアグン山。
本当に気持ちのよい場所です。
DSC00343
雄大な景色が目の前です
DSC00337
バリアスリ・レストランは、東部バリの観光地チャンディダサやアメッドから
30分ほどの距離にあります。

こちらのレストランでは、オーナーのPennyさんによるバリ料理の教室も開催されています。
周囲には他の建物はなく、この景色だけを見るために建てられたレストランとも言えます。

東部バリの観光の際、ぜひ立ち寄ってみたいポイントの一つです。

バリアスリ・レストラン
Jl. Raya Gelumpang, Gelumpang Village, Amlapura
TEL            08289 7030098
営業時間 10:00-18:00 pm
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

バリチリのチャーターカーで、最近、リクエストの多い行き先の一つが
ランプヤン寺院です。

バリ島の東部カランアッサム県にあり、南部エリアから2時間30分~3時間近く
かかるのですが、人気があります。
乾季に入ったバリ島ではお天気もよく、きれいにアグン山も見えます。

龍の石造が両脇にある階段をおよそ70段上ります。
IMG_2110
中腹の大社に到着します。
IMG_2104
アグン様が正面に、きれいに見えました。
午前中がお勧めです!
IMG_2111
寺院内での撮影
IMG_2103
こちらで、お祈りをさせてもらいます。
IMG_2102
アグン山と同じ位置にいるように見えます。
こちらで記念撮影。
IMG_2112
次回は、ランプヤン寺院の頂上までをご紹介します!

ランプヤン寺院へは、バリチリのチャーターカーでどうぞ。
今なら8時間6,000円のキャンペーンチャーターがご利用いただけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

本日は、ちょっと変わった場所のご紹介です。
タバナンのマルガというところにあるマルガ英雄墓地です。
マルガは、バリ島で最も美しいといわれるタマンアユン寺院から北に30分ほどのところです。
DSCN9529
インドネシア国内には、ジャカルタ、スラバヤ、メダンなど各地に
インドネシア独立戦争中に亡くなった将兵と、独立戦争後に亡くなった元将兵が
埋葬される英雄墓地がありますが、このマルガ英雄墓地もその一つです。
DSCN9533
マルガという場所は、1946年11月20日、
オランダ軍とバリ島の英雄グスティ・グラライ将軍の率いる部隊との間で、
戦闘があったところで、彼の率いる部隊の94名は降伏勧告を拒否し、玉砕(ププタン)しました。
この中には、第2次世界大戦後、バリ島に残留していた12人の日本人もいました。
DSCN9534
公園内は国によって管理されており、きれいに整えられています。
毎年、11月20日には追悼の儀式が行われており、
地元の新聞では、友人の追悼のために、毎年日本からこの儀式に参加する
日本人のことが紹介されていることもありました。
DSCN9536
大きなモニュメント(トゥグ)があり、グスティ・グラライの写真が飾られています。
ここで、バリ・ヒンドゥーにのっとって、追悼の祈りを捧げます。
DSCN9562
グスティ・グラライの他、バリ島内のインドネシア独立戦争で亡くなった
1,372名の名前が記された碑
DSCN9564
日本(Jepang)という記載があります
DSCN9541
一人一人の墓石。周囲を田んぼに囲まれ、広々した場所です
DSCN9545
グスティ・グラライのものが一番前にあります
DSCN9555
日本人の名前が記されたもの
バリ・ヒンドゥーのお祈りに欠かせないお供えのチャナンが置いてあります。
定期的にお祈りが行われているようです。
DSCN9549
インドネシアは、日本の敗戦の2日後、1945年8月17日に独立を宣言しますが、
独立宣言=実質的な独立とはならず、オランダ軍との間で、インドネシア各地で、
4年にわたる独立戦争が続きます。
この独立戦争に、実は日本人も参加していたことは、
あまり知られていないのではないでしょうか。

稀にですが、バリチリのチャーターカーの行き先にマルガ英雄墓地を
ご指定いただくことがあります。年配の方だけではなく、若いお客様もいらっしゃいます。
バリ島のご旅行の際に、このような場所を選ばれる見識の広さに感銘します。

今日は、一般的な観光スポットではなく、こんな場所もありますよ、というご紹介でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

GWの後半ですね。
バリ島はお天気も安定していて、からっと爽やかな陽気です。
ただ、日中の陽射しはかなり強いです。

行き先が自由自在、オプショナルやスパと組み合わせたり、アレンジもできる
バリチリのチャーターカー。
最近、人気なのが、タロ村にあるエレファントサファリパークで象に乗って、
ランチをテガララン(棚田)のテラスパディカフェでいただき、ウブドを観光するという
コースです。

エレファントサファリパーク内に入ると、パーク内を象がのっし、のっしと闊歩していて
それを見るだけで、テンションが上がってきます。
DSCN9575
GWの前半にご案内させていただいたK様夫妻にも、エレファントライドと
ウブドの観光を楽しんでいただきました!
DSCN9577
象へのエサやり。サトウキビをあげています
DSCN9579
象に花輪をかけてもらいました(照)
DSCN9587
2匹の子どもの象
DSCN9581
パーク内の池の中を象に乗って、横切ります
象は暑がりなので、水の中が大好きだそうです
DSCN9585
それでは、約30分のお散歩にいってきまーす!
DSCN9589
エレファントサファリパークを後にして向かったのがテガラランのライステラス。
テガラランの田んぼの模様は幾何学的ですごく美しいといわれています。
DSCN9597
稲も青々とよく育っています
DSCN9596
棚田の正面にあるテラスパデイカフェの東屋席。
まずは飲物で乾杯!
DSCN9593
食事も見せていただきました!お皿も素敵ですね。
DSCN9594
時々、田んぼ仕事のおじいさんが目の前を通ります。
DSCN9600
象に乗った後は、棚田を眺めながらのランチ。
バリ島ならではのお勧めコースです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

GWが始まりましたね!
GWの休暇でバリ島にいらっしゃるお客様は、
今年はお休みの後半(5月に入ってから)が多いようです。

GW期間中の現在のバリ島は・・・?ということで、ウブド市場の様子。
全体的にお客様が少なく、日本からのお客様もあまりお会いしませんでした。

市場とウブド王宮の間の横断歩道です
この道は、渋滞していいることもありますが、この日は、車は空いていました。
IMG_2058
市場の前の通りを歩く観光の人たち
IMG_2087
こちらがウブド市場。
IMG_2060
新しく改装された建物のほうは市場というよりはお土産物屋さんといった感じ
IMG_2068
間取りの小さなお店がたくさん中に入っています
IMG_2067
売り物の太鼓で遊んじゃう店員さん?
こういったゆる~い雰囲気は健在です
IMG_2078
バイクがぎっしりのパーキング
IMG_2092
パーキングを仕切るおじさんは、頭にウダン、腰にサルンを巻き、
男性の正装姿です。
IMG_2100
ウブド市場の中にあるお寺。
市場で商売をする人は、毎朝、このお寺でお参りします
IMG_2094
GW中のウブド市場の様子でした。
(ふだんと変わらない感じですね、というより少なめかな・・・?)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ウブドから30分ほど北にあるタロ村にあるエレファントサファリパークにやってきました。
こちらのパークはバリ島内で一番たくさんの象がいます。
子象を含めて、31頭のスマトラ象がいて、うち、27頭がショーやライドなどで活躍しています。
IMG_2043
本日は、バリチリのカーチャーターをご利用いただいています!
エレファントサファリパークへは、催行会社(バリアドベンチャーツアー)の
送迎を利用する方法と、バリチリのカーチャーターを利用して行く方法があります。
バリチリのカーチャーターを利用すると、エレファントサファリパークの他に
ウブド観光などもあわせて楽しめるという利点があります!

ちなみに料金は
エレファントサファリパーク送迎利用の場合 
USD72/大人(エレファントサファリパークでのランチ付)
バリチリカーチャーター利用の場合 
USD61/大人(ランチなし)
となっています。

バリチリカーチャーターでのご利用の場合、エレファントサファリパークでのランチがないため、
パークから30分ほどのテガララン(棚田)のテラスパディカフェで、ランチをするのがお勧めです。

本日は、バリチリのカーチャーターをご利用いただいています!
IMG_2028
これからエレファントショーが始まります
IMG_2030
3頭の象がお行儀よく入場してきました
IMG_2034
観客へのごあいさつ
IMG_2036
輪投げ。フラフープを上手に鼻でキャッチします
IMG_2038
バスケットも。ゴールもラクラクです。
IMG_2040
その他に、鼻で絵を画いたりするショーもあります。
このエレファントショーは1日5回行われています。
10:15、12:00、13:45、15:45、18:45
1回の時間は15分ほどになります。
(ショーの開催時間は予告なく変更になることがありますのであらかじめご了承ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

美しい棚田のジャティルイですが、以前は訪れる観光客はそれほど多くはなく、
レストランは1軒しかありませんでした。
2012年に世界遺産に登録されてからは、訪れる人も増え、
沿道にはレストランやワルンなどが建ち始め、棚田の風景を見ながら休憩できる場所が増えました。

今回、ご紹介するビリーズカフェ(Billy's Cafe) は、
1969年からジャティルイで営業しているレストランです。
(以前はカフェ・ジャティルイという名前でした)
ジャティルイのエリアの中で、一番、端のほうにあります。
昔から営業しているお店だけあって、景色の一番よいところです。
DSCN1366
店内もとても広いです。
IMG_9703
この日は曇り空ですが、青々とした棚田が目の前に広がっています
IMG_9731
IMG_9740
ビリーズカフェでは、ブッフェスタイルのランチが11:30-16:00の間、いただけます。
また、アラカルトのメニューもあり、こちらはオープンの間(8:00-17:00)
ご利用可能です。
IMG_9672
メニューはジャティルイ産の白米と赤米
ナシゴレン、ミーゴレン、春巻き、チキンカレー、サテ・リリット
チキンの甘酢炒め、ガドガド、サラダ、バリニーズソースのチキン
フルーツ、黒米のプディング、スープ、コーヒー、紅茶などです
(日によって、メニューの変更があるかもしれません)
IMG_9637
ガドガド(温野菜のピーナツソースがけ)と春巻き
IMG_9648
バリニーズソースのチキン
IMG_9653
チキンのミンチを串に巻きつけた、サテ・リリット
IMG_9651
レストランに入ってすぐの、少し高い位置にあるテーブルでランチをいただきました
IMG_9700
新鮮な空気とどこまでも続く棚田の景色に癒され、
ごく普通のブッフェランチなのですが、大満足でした!
DSCN8036
ビリーズカフェの斜め前あたりに、世界遺産登録のモニュメントがあります。
DSCN8048
ビリーズカフェの裏手も絶景なので、お食事後にちょっとジャラン・ジャランしてみてください。
DSCN1377
バリチリの人気ツアー世界遺産ツアーIでは、ジャティルイをご案内しています。
ランチは、もちろんBilly's Cafe にて。

Billy's Cafe
Desa Jatiluwih, Penebel-Tabanan
TEL 081 338 431 331
Open: 8:00-17:00
(ブッフェのご利用時間11:30-16:00)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

チャーターカーで、ジャティルイにやってきました!
イースターの休暇で、週末のバリ島はとても賑わっていました。
ジャティルイにもたくさんの車です。
DSCN1365
稲が青々と育っています。ゴールデンウィーク中もきっと見ごろでしょう。
ジャティルイには、遊歩道のようなところがあって、少し田んぼの中を歩くことが
できるようになっています。スバックを間近に見ることもできます
DSCN1349
田んぼのほうに降りてくると、道路から眺めるのとはまた違った景色が楽しめます
DSCN1339
各田んぼには祠があって、稲の神様を祀っています。
DSCN1350
水牛の小屋がありました
DSCN1348
緑の絨毯!
DSCN1367
どこまでも続く、田んぼの景色は壮大で、1,000年以上変わらない風景です
DSCN1370
DSCN1377
ジャティルイは、南部エリアから車で2時間ほどになりますが、ぜひ足を運んでみてください!
バリチリのカーチャーターでご案内させていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

乾季に移行中のバリ島です。
これからは、サンセットのタイムが少しずつ早くなっていき
4月は18:15前後のようです。
(バリ島のサンセットタイムはこちらのサイトで確認できます!)

さて、本日のタナロット寺院の様子です。
4月の今ごろは、日本だけでなく、他の国のお客様も少なく
バリ島内の道路も最近は空いているような気がするのですが、
タナロット寺院もお客様は少なめでした。
DSCN1324
この日の満潮は19時ごろで、潮が満ちはじめているところです。
でも、まだ、タナロット寺院のほうへ歩いて渡れるようですね。
DSCN1314
海の中に建つタナロット寺院の全景が見えるこちらが撮影ポイント
DSCN1317
バリチリのタナロットシンプルツアーをご利用いただいたI様
DSCN1315
先の撮影スポットを少し進んだどころで、今度はバトゥ・ボロン寺院を背景に撮影。
DSCN1313
お客様も熱心に写真撮影されています
DSCN1316
以上、本日(4月10日)のタナロット寺院とお客様をご紹介させていただきました。
I様、ご協力いただきましてありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

バリ島の世界遺産として登録されたパクリサン川流域の景観に含まれる
ティルタエンプル寺院。
聖なる泉が湧き出るお寺として、ここを訪れるお客様が増えています。

入口にある世界遺産登録の標
DSCN9527
聖なる水を引いた沐浴場で、身を清めるために、沐浴をする地元の人々。
最近は、バリチリのお客様でも、沐浴を希望される方がいらっしゃします。
沐浴には、手順があるので、バリチリのガイドがお教えいたします。
DSCN9525
バリチリのウブド1日ツアーでティルタエンプル寺院を訪問中のK様。
沐浴の様子を見学させていただいています!
DSCN9524
沐浴場とは壁を隔てた向こうに聖なる水が湧き出る泉があります。
地面から水が湧き出る度に、砂がぼこっと動く様子は見ていて飽きません。
DSCN9521
こちらが寺院の中。
普段でも、こちらの境内でお祈りをしている地元の方をお見かけすることが
あります。
DSCN9519
10-14世紀に栄えたワルマデワ王朝の領土で、パクリサン川とプタヌ川に挟まれた
このエリアには遺跡や寺院が多く、他の場所とは違った静寂な空気が流れているような
気がします。
お勧めの寺院ですので、ウブド観光の際に足をのばしてみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ