今日は、T様ご夫妻と、バリ島の東部へ。
クルンクン、カランアサム県を中心とした東部エリアは、
南部観光地から少し遠くなってしまいますが、
ダイナミックな自然と歴史的な寺院、遺跡が残る
なかなかの見どころ満載のエリアです。

まずはスマラプラにあるクルタ・ゴサ。スマラプラ王宮跡です。

これは、入ってすぐのところにあるバレ・カンガン。
池の中に浮かぶように建てられています。
王家の人々の休息所として使われていた建物を復元したものです。
DSCN0357



















王宮の呼び名にもなっているクルタ・ゴサは、こちら。
クルタ・ゴサは、サンスクリット語で裁判所を意味します。
この天井画は、道徳的なことをモチーフにしていて、
一つ一つじっくり、見ていくと面白いです。
DSCN0342
カマサン・スタイルといわれる天井画
DSCN0340
いいお天気で、気持ちいい~!
DSCN0345
敷地内には、ゲルゲル、クルンクン王朝時代の展示がある博物館あり。
竹の楽器、リンディックを叩いてみましょう。ぽこぽこ、やわらかい音がします。
DSCN0346
カルタ・ゴサから、北上して、向かった先はブサキ寺院。

ブサキ寺院の手前にある、マハギリレストランでランチ。
目の前に、アグン山と田んぼが広がる絶景ビューです。
DSCN0376
DSCN0364
DSCN0373
DSCN0368
ここからさらに足を進めて、東へ。
カランアサム王朝のもう一つの王宮、タマン・ウジュンへ。
水をたたえた王宮で、水の王宮ともいわれます。

1921年にアングルラ・クトゥット王によって
静養と迎賓のために建てられたといわれていますが、
1979年の地震により、崩壊し、長い間、放置されていましたが、
近年、公園として整備され、生まれ変わりました。

では、行ってみましょ~!
DSCN0391
DSCN0387
橋を渡って王宮へ。
DSCN0400
こちらです!バリチリ日本語ガイドのデワちゃん。
DSCN0394
はーい!
DSCN0393
ちょっと、休憩。
DSCN0396
オランダの建築様式を取り入れた建物。
バリ島では珍しいです。
DSCN0388
DSCN0395
中に入って見学。
DSCN0399
王を祀っている「聖なる部屋」
DSCN0401
室内からの風景も絵になります。
DSCN0406
DSCN0413
DSCN0412
敷地内の高台にのぼると、公園が一望できます。
向こうには、海も見えます。
DSCN0421
ではこちらで、ばんざーい!
DSCN0426
この柱も、ヨーロッパ風ですね。
DSCN0427
DSCN0428
それでは公園を出て、次の石鹸工房まで、先を急ぎましょう。
DSCN0436
本日、最後にやってきたのは、
アイランドミスティックというナチュラルソープの工房です。
カランアサムには、ナチュラルソープの工房が多いですね。
石鹸の主な材料となる天然のココナツが手に入りやすいのでしょうか。
DSCN0482
石鹸工房の敷地のすぐ前は、海。
ガイドのデワちゃん、お客様を待つ間、たたずんでおります。
DSCN0462
目の前に広がる海。
DSCN0464
地元の人が儀式のため、通っていきました。
DSCN0478
一緒に記念撮影!
DSCN0484
さて、バリ島の東端から、一気に南部エリアまで戻りますよ~。

バリ島ご旅行中、時間があったら、
ぜひ、魅力あふれる東部バリにもぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。